このままでは、AVはなくなる AV新法改正の署名活動にご協力お願いします!AV産業の適正化を考える会
AV新法を改正し、AV業界を崩壊の危機から救いたい。署名活動にご協力お願いします。AV産業の適正化を考える会

AV新法の施行以後は、新人女優との契約リスクが大幅に増し、また、出演契約から販売まで法律上は5ヶ月、発売予約期間を含めれば事実上最短でも6ヶ月の時間を要するようになりました。

それまではAV作品の制作には概ね3ヶ月程度であったものが、急に倍の期間の確保が義務付けられたため、業界に大きな混乱が生じ、業界で働く方はもちろん、AV女優の方々をはじめとする出演者の生活に大きな影響が出ています。

2024年4月8日

「AV産業の適正化を考える会」による2度目のシンポジウムが4日都内で開催

令和4年6月のAV出演被害防止・救済法(AV新法)施行から、見直し条項で定めた2年以内の期限が令和6年6月に迫る中、「AV産業の適正化を考える会」による2度目のシンポジウムが4日都内で開催。

パネリストとして4党の国会議員と専門家、女優の星乃莉子さん、二村ヒトシ監督など12名が参加。また、一般参加者50名、関係者50名の約100名が参加した。

星乃莉子

唯一の出演者として出席した女優の星乃莉子さんは「勝手に被害者扱いされて尊厳が害されている」と訴えた。

「AV新法」による過剰規制が負の連鎖を生んでいる現状を宇佐美氏が説明。

リモート参加の川田議員から「この2年の検証をし、見直しに向けて話し合いたい」

堀場議員「女性の仕事の選択肢の一つとしてセックスワークあってもいい」

平弁護士「職業選択の自由も営業の自由も表現の自由も、まったく無視された法律で改正されるべき」

たるい氏「国会議員の中にはAVがなくなればいいと思っている人たちがいる。潰しにかかっている法律」

AV新法に国会議員でただ一人反対し、異を唱えていたN党浜田議員も熱心にディスカッションに参加。

元自民党議員公設秘書で「エンターテイメント表現の自由の会」代表 坂井崇俊氏

関西大学教授の守如子氏も表現の自由を侵害するAV新法を危惧。法改正の必要性を訴えた。

2024年3月16日

全裸監督村西とおる監督が応援に駆け付けてくださいました!
「AV新法改正」を強く訴え国会前を街宣、午後はトークイベントも開催しました


「ナイスですね!」でおなじみ、全裸監督・村西とおる監督が、我々「AV産業の適正化を考える会」の活動の応援に駆け付けてくださいました!「AV新法改正ナイスですね!」の看板を掲げた街宣車から永田町の国会前をAV新法改正をお願いしながら周回すると、新宿・渋谷の2カ所で街頭演説を敢行し、「AV女優の表現の自由と、職業選択の自由を奪うことがないように、どうかAV新法改正に向けた署名にご協力ください。日本からアダルトビデオの火が消えないよう、ぜひともご協力をお願いいたします!」と力強く訴えてくださいました。

その後、街頭演説を終えた村西監督から激励を受け、100名を超える参加者で週末で多くの人が行き交う渋谷の街をデモ行進し、「AV新法改正」を訴えました。

同日午後からは渋谷のイベント会場にて村西監督のトークライブが開催され、ゲスト登壇したAV女優さんたちも改正の必要性を涙ながらに訴えました。彼女たちの声を受けて、村西監督は「AV女優は我々の誇りであり、改正は皆の問題なんです」と、集まった聴衆と報道陣に向けて力強く発信してくださいました。

2024年3月8日

「当事者の声を聞いて!」出演者らが新法改正を訴え、国会に向けて永田町を行進 国会議員に請願書を提出しました


この日は、国会に直接声を届けるべく「AV新法」の改正を求めるデモ行進及び請願行進を行いました。

この行進には、AV監督で、「AV産業の適正化を考える会」発起人でもある二村ヒトシ氏や現役AV女優のちゃんよた氏、吉川はすみん氏らを先頭に、女優、男優、AV制作者ら業界関係者や一般参加者など100名以上が参加し、非常に大規模なものとなりました。国会前に到着した後、発起人の二村ヒトシ氏が一団を代表して、浜田聡議員に請願書を提出し要望をお伝えしました。

請願を受け取った浜田議員からは、「非常におかしな法律が成立してしまった。国会議員が法律施行後の悪影響を考えずに作ったため、2年前にその問題点に気づき反対した。成立してしまった以上、この後はしっかりと改正に向けて動いていきたい。シンポジウムを開催して他の議員や関係者にも動きを広く伝えた。これから広く議員の方々に声をかけていきたい」と心強い発言をいただきました。

そして、その日の夜。新宿へと場所を移し、繁華街を行進しながら訴えを続けました。

デモを先導した二村氏は聴衆に向けて、「私たちはAVを制作しています。今日は真面目なお願いに参りました。AV女優は真面目な労働者です。法を守り、納税もしています。そんな彼女たちが働く場所を奪わないでください。AV女優の声に耳を傾けてください!」と声の限り訴えかけました。

2024年2月23日

テリー伊藤氏も参加!「AV新法」改正を求め現役のAV女優さんら100名以上で業界初のデモ行進を行いました!

デモ行進

シンポジウムの熱が冷めやらぬ2月23日。東京有楽町駅周辺にて、「AV新法」改正を求めるデモ行進を行いました。当日は、あいにくの雨にもかかわらず「AV新法」改正を訴え、現役のAV女優さんをはじめ、業界関係者100名以上の方がデモに参加しました。TVプロデューサーでタレントのテリー伊藤氏がデモの先頭に立って一緒に行進しながら、当事者たちの声に耳を傾けていただきました。

テリー氏は「深く精査しないでできてしまった法律。いろいろなところに弊害がでてきた。自分の体で勝負していて、命懸けだしピュア。AVも立派な職業だ。助けてあげたい」と今回の活動に賛同をいただきました。

次回、3月8日には永田町にて国会へ向けてデモ行進を行う予定です。

2024年2月20日

国会議員、弁護士、教授ら有識者を招き、AV新法の見直しを検討するシンポジウムを開催しました

去る2月20日、都内にて国会議員、弁護士、有識者及び業界関係者、マスコミ各社を招き「AV出演被害防止・救済法」(通称:AV新法)の見直しを検討するシンポジウムを開催しました。

本会の発起人の一人であるAV監督の二村ヒトシ氏が進行を務め、同じく発起人のポルノ女優MARICA氏もアメリカからリモートで参加しました。早くからAV新法の問題点をSNSで発信してきた元経産省職員で制度アナリストの宇佐美典也氏や、2022年の法案成立時に唯一反対票を投じた浜田聡参院議員、また弁護士や大学教授らそれぞれの専門分野の観点から法改正の必要性を強く訴える場となりました。亀石倫子弁護士は表現の自由について言及し、決してAVを愛する人だけの問題ではなく、すべての人が関心を持つべき問題であると訴えました。そして、経済学者であり、「夜の経済学」の著者でもある飯田泰之氏は営業の自由、職業選択の自由、表現の自由を阻む法律であること、職業威信の上下で物事が決まってしまう恐ろしさを伝え、危機感を表しました。元参議院議員の国民民主党樽井良和氏は党首の玉木雄一郎氏から預かった言葉を伝え、「職業に貴賤はない。公権力が表現の自由を規制すべきではない」と述べ、超党派で取り組むべき問題だと強く訴えていただきました。

本会では、今後も引き続き、さまざまな観点からAV新法改正に向けてのシンポジウムを開催していく予定です。

二村氏:我々がどういう風に考えて声を上げたのかということを、AVを愛する方たち、もしくはAVに対して『そんなものはなくなってしまえ』と思っておられる方たちにも、我々の本当の思いを届けていきたい

宇佐美氏:本来AVの出演者を守ろうという法律だったはずが、一番弱い立場の人たちが影響を受けて、この法律が危惧するアングラな現場へ流れてしまっているという状況を作り出してしまったことがこの法律の成果であった

弁護士の平氏(左)と亀石氏(右)。職業選択の自由や表現の自由を阻害する法律であると大きな懸念を示す

考える会の賛同人であり、AV新法の施行に唯一反対をした浜田聡参議院議員。「change.org」で改正へ向けた署名活動もおこなっている


▶第1回シンポジウムの様子は下記よりご覧いただけます

AV産業の適正化を考える会

  • 発起人
    二村ヒトシ
    (AV監督・作家)

    二村ヒトシ

    1964年生まれ。
    慶応義塾大学中退。
    AV男優からAV監督へ。
    『すべてはモテるためである』『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』(ともにイースト・プレス)ほか一般書籍の著書多数。

  • 発起人
    MARICA
    (ポルノスター)

    MARICA

    2009年にSODクリエイトよりAVデビュー。
    2012年より海外と日本を拠点に活動。
    2013年、日本人初のペントハウスペットに選出。
    2019年、乳がんを公表。
    2020年4月、アーバンXアワードにてHall Of Fame Inductees(殿堂入り)。
    2022年3月、AVN AwardsにてBest Foursome/Orgy Sex Scene(ベストグループシーン)に選出。

  • 顧問
    平裕介
    (弁護士)

  • 顧問
    宇佐美典也
    (制度アナリスト)

賛同人(順不同)

政治家・文化人・有識者・著名人

  • 浜田聡(参議院議員)

  • おぎの稔(大田区議会議員)

  • 亀石倫子(弁護士)

  • テリー伊藤(タレント/演出家)

  • 要友紀子

  • 高橋がなり

  • 坂口孝則(経営評論家)

  • 弘中惇一郎(弁護士)

  • 藤原宏高(弁護士)

  • 師走の翁(漫画家)

  • 松本格子戸(コメディアン)

  • 芳賀英紀(芳賀書店代表)

  • 高山カツヒコ(脚本家)

  • よし天(アニメ監督)

  • ぽ〜じゅ(漫画家)

  • おたっきぃ佐々木(ディレクター)

  • 平野靖士(脚本家)

AV女優

  • 紗倉まな

  • 星乃莉子

  • 春野ゆこ

  • 桜和ことこ

  • 佐々木咲和

  • 綾瀬麻衣子

  • 吉川蓮民(はすみん)

  • かさいあみ
    (フリーAV女優連盟代表)

  • 葵マリー
    (フリー女優連盟代表)

  • ジューンラブジョイ

  • 戸田ゆりあ

  • 朱魅

  • ももせ桜叶

  • 徳井唯

  • 最上一花

  • 工藤あかね

  • 内山沙千佳

  • 志摩ことり

  • 曖羽裸ゆめ

  • さのさとり

  • 八ツ橋さい子

  • 星乃夏月

  • 吉川舞衣

  • 隠岐玲

  • 志田みずき

  • 神崎ゆま

  • 中丸未来

  • 保田真咲

  • 早見なな

  • 神田ゆい

  • 家入ゆり

  • 夢野まりあ

  • 水谷星奈

  • 由良かな

  • 小橋由希

  • 千鶴さき

  • 金苗希美

  • 多田有花

  • 水妃ほむら

  • 緒川はる

  • 佐久間楓

  • 葉月ひな

  • 翔田千里

元AV女優

  • 範田紗々

  • 琴乃

  • 板垣あずさ

AV男優

  • 大島丈

  • 一条正都

  • 志良玉弾吾

  • 小田切ジュン

  • SADA

  • 市川潤

  • 鮫島

  • TKD

  • 松山伸也

  • シェフ

  • 北山シロ

  • フランクフルト林

  • 七尾神

  • マウンテン山形

  • Dr.武藤一馬

  • 黒田悠斗

  • ゴロー

  • ピエール剣

  • 日森一

  • 田淵正浩

  • 阿川陽志

  • 東雲怜弥

  • 大空太陽

  • 保志健斗

  • 上原千明

  • イェーイタカシマ

  • 結城結弦

  • 森林原人

  • チョコボール向井

AVメーカー

  • SODクリエイト

  • SOD star

  • ソフト・オン・デマンド

  • シルクラボ

  • ナチュラルハイ

  • アイエナジー

  • AKNR

  • サディスティックヴィレッジ

  • ROCKET

  • Mr.michiru

  • SHIGEKI

  • 電脳ラスプーチン

  • 親父の個撮

  • なまなま

  • Hawaii

  • エーゲ

  • バミューダ

  • ナイル

  • ブラックドッグ/妄想族

  • ワルハラ

  • Materiall

  • RADIX

  • ムラっch

  • カゲキっch

  • WildOne

  • DANDY

  • コスモス映像

  • ひよこ

  • YONAKA

  • ヤリマン★ビッチーズ

  • 月刊彼女

  • フルセイル

  • 美少年出版社

  • BOYSTUDIO

  • ホットエンターテイメント

  • AROUND

AV監督

  • 村西とおる

  • 野本義明

  • 木村真也

  • イージー松本

  • 星シュート

  • 家太郎

  • 柏倉弘

  • ANZO

  • 夕刊

  • レミレミ・ニューワールド

  • 繁松秋冬

  • そのとおり沼田

  • セカンド斎藤

  • 井上ジャパン

  • ゲンスイ水元

  • ささき兎

  • ニューカジー風間

  • クレイジーソルト

  • 亀我勃起

  • 神戸たろう

  • ルート山崎

  • セントラル山本

  • ダイナナ

  • アキノリ

  • サイタ

  • 親父1号

  • 親父2号

  • 坂井シベリア

  • IST

  • 西城アキラ

  • 犬神涼

  • K*WEST

  • しんのすけ

  • レモンハート中島

  • 矢澤レシーブ

  • TODO監督

  • ササニシキ

  • いろり牧場

  • 沖IRERU

  • チク兄

  • カクブツおち〇ぽディレクター

  • MYZ

  • 朝一番

  • 遊星

  • 太宰珍歩

  • 紋℃

  • Mg☆yukky

  • 桜庭九心男

  • あばしり一姦

  • イラマっちょ

  • ホルモンヒデキ

  • さもあり

  • 赤井彗星

  • Eight

  • よーすけ

  • 上州力

  • イタカ・スミスリンパウダー

  • 櫻井バニラ

  • KANSUKE

  • 猿田まこと

  • ラフティン・マエシロ

  • シンメトリー中田

  • キシロオノカイン

  • ナポリタン

  • わたるくん

  • テーラーシライ

  • ダンディよしの

  • タナカ・ベーコン

  • 長瀬ハワイ

  • マーガレットはしもと

  • 岡山パセリ

  • 小津菊次郎

  • 藤原まりあ

  • エメラルドふじさき

  • 山崎千年

  • とっちん

  • 前田文豪

  • もぐら

  • キョウセイ

  • うさぴょん。

  • 麒麟

  • ラッシャーみよし

  • 沢庵

  • 平本一穂

  • ビバ⭐︎ゴンゾ

  • スケザネヘイタ

  • 豆沢豆太郎

  • ケバブ岡崎

  • こくもく

プロデューサー

  • 野田P

  • 福元沙也加

  • 牧野江里

  • ウィアード波形

  • 宮崎和成

  • アンチェイン雄一

  • いわいだなおき

  • 福ちゃん

  • わっしょい佐藤

  • 鬼塚鉄棒

  • 木村達哉

  • 白山レオ

  • みうられふと

  • 猫又よや

  • 養生ミドリ

  • カヌレゆうすけ

インフルエンサー

  • GUMI

  • Melty Melu

  • 御調みつ

  • 水兎まこと

  • みっきー藤波

  • ことのは杏

  • 天宮みすず

  • 愛乃あい菜

  • おつる

  • 愛町ゆる

販売店

  • シンク書店

  • 信長書店((株)ロッキー)

  • 札幌セルビデオ販売

  • 映像宝庫スタリオン

  • スタリオン中津店

  • 太陽書店富津店

  • ソフト・オン・デマンド町田店

  • XCREAM(動画配信サイト)

  • ソフトマーケットQ能代店

  • ソフトマーケットQ大仙店

  • Book Fun24郡山うねめ通り店

  • MAX書店名駅店

  • 利根書店

  • ブックメイト

  • 芳賀書店本店

  • プレミアム福岡本店

  • スタリオン本城店

  • Q&A志免店

  • 匠書店

  • (株)カルチャー

  • 明治書店神田店

  • 明治書店池袋店

  • 日本書店小名浜バイパス店

  • 東京書店弘前店

  • 東京書店東バイパス店

  • 未知書房

  • 信長書店((株)トライ)

  • メガポケット相模原店

  • ゼスト

その他法人

  • HANAYA PROJECT

  • SAKAYA PROJECT

  • SODアートワークス

  • SODコーポレート

署名イベント

スケジュールは変更になる場合があります(3/4更新)

  • 2月9日
    渋谷

  • 2月10日
    秋葉原

  • 2月11日
    新宿

  • 2月12日
    渋谷

  • 2月13日
    新宿

  • 2月14日
    秋葉原

  • 2月15日
    恵比寿

  • 2月16日
    大阪/横浜/新橋

  • 2月17日
    大阪/横浜/柏

  • 2月18日
    大阪/横浜/松戸

  • 2月19日
    品川

  • 2月20日
    中野

  • 2月21日
    六本木

  • 2月22日
    五反田

  • 2月23日
    有楽町

  • 2月24日
    中野

  • 2月25日
    中野

  • 2月26日
    秋葉原

  • 2月27日
    丸の内

  • 2月28日
    錦糸町

  • 2月29日
    新宿

  • 3月1日
    渋谷

  • 3月2日
    渋谷/上野

  • 3月3日
    渋谷

  • 3月4日
    新橋/永田町

  • 3月5日
    新宿/福岡

  • 3月6日
    秋葉原/福岡

  • 3月7日
    神田

  • 3月8日
    永田町

  • 3月9日
    池袋

  • 3月10日
    渋谷

  • 3月11日
    中野

  • 3月12日
    池袋/永田町

  • 3月13日
    新橋/永田町

  • 3月14日
    新宿/永田町

  • 3月15日
    新橋/永田町

  • 3月16日
    秋葉原

  • 3月17日
    渋谷

  • 3月18日
    中野/永田町

  • 3月19日
    池袋/永田町

  • 3月20日
    中野

  • 3月21日
    新宿/永田町

  • 3月22日
    新橋/永田町

  • 3月23日
    秋葉原

  • 3月24日
    渋谷

- 当会の設立趣旨 -

私たち「AV産業の適正化を考える会」は、2022年に成立し即日施行されたAV出演被害防止・救済法(通称、AV新法)の運用状況に鑑み、問題点を洗い出し、本当の意味での出演者保護を目指す上で欠かせない条項について改正を求めると共に、AV産業の適正化に向けての問題点、例えば、経済的搾取の問題などについて議論を重ね、提言、請願を行うことを目的として発足しました。

AV産業の歴史は50年を超えています。これまで多くの方々の尽力と業界の自助努力で成り立ってきたAV産業全体に、昨年初めて法の網が被せられたのです。このAV新法が議員立法として成立し即日施行されたことにより、AV産業に大きな打撃を及ぼしました。

2016年に社会問題化した出演強要という人権問題が発端となった流れの延長線上での立法化ということは想像ができますが、拙速極まりない立法であり、業界の実情に耳を傾けることなく法制化に突き進んだことは間違いありません。そのため、出演者、主に女優の方々への配慮に欠けた立法であり、憲法との整合性も問われ、にわか普請の立法であると言えます。ただ、その法文(AV新法・附則)内に2年以内の見直しの条項があります。現在は施行から2年が経とうとする時期です。もう一度AV産業全体の適正化を考える必要があると考えます。そのために本会を発足するに至ったのです。

もう一つ、現在のAV産業は歪な産業構造になっていて、経済的な搾取が発生していることも見逃せません。この搾取が出演強要問題の引き金にもなったと推測されています。一部の独占行為が出演者への対価となる出演料の金額の適正化を妨げていることは、行政や有識者が論じています。その改善も当会の目的の一つと考えています。

数多ある問題点を改善するために、本会を立ち上げ、良識ある人たちからの多くの賛同を得ながら、責任ある行動、提言を行い、AV産業の社会的地位の向上を目指してまいります。

AV産業の適正化を考える会 事務局

住所:東京都港区新橋2-20-15
新橋駅前ビル1号館5F(AD&M内)

担当:真田駿介

こちらから署名をお願いいたします。